2010年05月26日

政府、新規採用公務員4割減を決定(産経新聞)

 政府は21日の閣議で、平成23年度の一般職国家公務員の新規採用を21年度(7845人)比で39%減の4783人にする方針を決定した。鳩山由紀夫首相は先月、衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた国家公務員人件費2割削減のため新規採用の半減を指示したが、省庁側の反対に配慮した結果、4割となった。

 国民の安全確保のため、国土交通省が削減に反対した海上保安官や航空管制官は対象から除外。法務省が求めた刑務官や入管職員の削減目標の緩和も認めた。原口一博総務相は21日の記者会見で、「国の出先機関をなくそうとしているのに去年と同数を採用することはおかしい」と強調した。

 ただ、国家公務員全体の採用試験を行う人事院は戸惑いを隠せない。首相が新規採用抑制方針を示した4月27日の時点で、I種(キャリア官僚)、II種、労働基準監督官や国税専門官などの専門職の応募はすでに締め切られ、人事院は種別の予想採用者数をホームページ上で告知済みだった。

 このため、受験生らから人事院に問い合わせが殺到。人事院は「政府から採用抑制方針について事前に一切連絡がなかった」(幹部)と不満を漏らしている。

【関連記事】
公務員採用削減 閣議決定また見送り
公務員採用半減見送り 政府 総論賛成も各省庁が反発
閣議決定は18日以降に 国家公務員の採用半減で
手順が違う国家公務員の採用半減 しわ寄せは志望の若者に
公務員採用半減 安易すぎる数合わせ対応
中国が優等生路線に?

将棋 羽生名人3連覇 三浦八段に4連勝 名人戦第4局(毎日新聞)
イラン追加制裁 中露も合意(産経新聞)
<愛知・豊川の家族5人殺傷>長男「悪いことをしてしまった」と反省 地検支部、鑑定留置(毎日新聞)
青木幹雄氏の後継に長男…自民、世襲批判警戒(読売新聞)
<事業仕分け>20日から後半 駆け引き本格化(毎日新聞)
posted by ヒラモト ヨシアキ at 21:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。